ホンダラインディングギアオンラインショップ

サポート

ヘルメットご使用上の注意

正しくヘルメットをご使用いただくために必ず取扱説明書をお読みください。

頭によく合ったサイズのヘルメットを着用してください。
ヘルメットのサイズが合っていないと不快感をともなうだけでなく、走行中にずれて視界を妨げたり、衝突を受けた際にヘルメットが脱げたり、ずれたりして効果が得られません。
使用前の点検を実施してください。
ヘルメットの取扱説明書に案内されているヘルメットの構成部品が正しく取り付けられているか確認してください。
正しく取り付けていないと、設定された機能や保護性能を十分に発揮することができません。
ヘルメットは、必ず正しくかぶってください。
目深にかぶったり、あみだにかぶると走行中にずれて視界を妨げたり、衝撃を受けた際にヘルメットが脱げたり、ずれたりして効果が得られません。
あごひもは正しく締めてください。
あごひもを正しく締めないと衝撃を受けた際にヘルメットが脱げたり、ずれたりして効果が得られません。
当ショップに案内されていない部品の取り付け、取り外し、改造(穴あけ、削り等)はしないでください。
当ショップに案内されていない部品の取り付け、取り外し及び改造(穴あけ、削り等)を行うと全体のバランスがくずれ、設定された機能や保護性能を得られません。
接着剤、ガソリン、その他いかなる溶剤も
付けないでください。
接着剤、ガソリン等の溶剤を使用すると、ヘルメットの材質が侵されて設定された機能や保護性能を得られません。
塗装はしないでください。
塗料に含まれる溶剤や乾燥時の熱などにより、ヘルメットの材質が侵されて設定された機能や保護性能を得られません。
一度でも大きな衝撃を受けたヘルメットは、外観に損傷がなくても使用しないでください。
ヘルメットは大きな衝撃を受けると、その一部が変形等することによって衝撃を吸収し頭部を守るように作られております。
したがって大きな衝撃を受けたあとは、設定された保護性能が得られませんので、たとえ外観に大きな損傷がなくても、そのまま使用しないでください。
汚れや傷の付いたシールドは、使用しないでください。
汚れや傷の付いたシールドは、視界を妨げますので走行前に汚れを落としてください。また傷付いたシールドは取扱説明書に案内されている純正シールドに取り替えてください。
ヘルメットは、丁寧に取扱ってください。
放り投げたり、ミラー等にかぶせたり乱暴に扱うとヘルメットに傷等をつけ、設定された機能や保護性能を得られません。
ヘルメットホルダーに掛けたまま走行しないでください。
ヘルメットホルダーは、駐車時のみに使用するものです。
走行時に使用するとヘルメットが運転を妨げます。
ヘルメットを50℃以上にさらさないでください。
炎天下の密閉された車内、暖房機のそば等での放置、保管あるいは、ドライヤー等を使っての温風乾燥等は行わないでください。
50℃以上になりますとヘルメットが変形したり、材質が劣化して設定された機能や保護性能を得られません。
環境変化に注意して走行してください。
雨や温度変化などによってシールドが曇り、見えにくくなる可能性があります。このような状況が予測される時には、事前にシールドの開度を調整し通常よりもスピードをおさえて走行してください。
購入後3年を過ぎたヘルメットは、使用しないでください。
購入後3年を過ぎたヘルメットは、使用にともない老朽劣化等の経年変化によって、設定された機能や保護性能を十分に発揮しない可能性がありますので、使用しないでください。